minaQのつぶやき 네토미나

慰安婦像の首が落ちる日を待っていてくださいな

青瓦台一般公開 ウリスト教信者あばれる

 

青瓦台公開に中年女性が器物を損壊

壊しておいてわけの分からないことを供述 やっぱりウリスト教信者

 

 

市民が大統領府を自由に出入りしてから1日で、大統領府内部の施設が破損した。

文化財庁は10日午前11時、景福宮の北門である神武門の向かい側の青瓦台正門で開放記念行事を開き、正午頃から一般観覧客の入場を許可した。

 

 

大統領府が開放されて2日目のこの日、大統領府の境内にある統一新羅(とういつしらぎ)時代の宝物を毀損しようとした50代の女性が警察に逮捕された。

ソウル鍾路(チョンノ)警察署は同日午後1時30分ごろ、大統領府官邸裏の丘にある慶州方形台座石造如来坐像(美男仏)の前に置かれた仏殿箱などを掴んで投げ出し壊した疑い(財物損壊)で、50代の女性A氏を現行犯逮捕したと発表した。

警察によると、A氏は青瓦台の境内観覧申請を通じて出入りし、観覧客が仏殿箱の前でお辞儀をしながらお金を入れる姿を見て、仏殿箱1個と陶器器1個を投げつけたという。 幸い、美男仏は毀損されませんでした。

 

仏典を壊した女性は「私が青瓦台の主人です」、「私は神様の息子です」と叫びながら乱暴を働いたと伝えられた。 当時、周囲には大統領府を訪問した観覧客もいたという。

警察は被疑者の人的事項と正確な事件経緯を調査中だ。A氏は警察の捜査で犯行事実を全て認め、キリスト教信者であることが把握された。

 

青瓦台圏域の入場と退場は正門、迎賓館、春秋門などを通じて行うことができる。

観覧客は既存の青瓦台観覧動線にあった本館、迎賓館、緑地園の他にも官邸、枕流閣などが見られます。 「青瓦台仏像」、「美男仏」などと呼ばれた宝物「慶州方形台座石造如来坐像」が観覧できる。

青瓦台の開放により、朝鮮時代の漢陽の主山である白岳山(プクアクサン)、青瓦台(チョンワデ)、景福宮(キョンボククン)、光化門(クァンファムン)前の道である世宗大路、崇礼門(スンレムン)へと続く歴史的中心軸を徒歩で行くことができます。

 

 

 

韓国ですからねウリスト教信者は何をするか理解できないことをやらかします

仏像の前にあった賽銭箱を掴んで投げたというのですからこわいですね