minaQのつぶやき 네토미나

嫌韓(いやかん)ってホントはどうなの?

遺体引き取り✖+相続放棄が韓国って多い

 

 

韓国を覆う孤独死 しかし基準もなく統計も出せない

無縁故死は10年間で3倍 地方自治体によっては孤独死統計なしで無縁故資料提出
遺体を引き取るかどうかで変死者・孤独死者・無縁故者を区分することも

 

無縁故とは文字通り縁故者がいないことだ、しかし警察から逃げていたり、借金が返せなくて身元を洗浄していたり、家族から絶縁されていたりその事情は様々だ。

高齢社会への進入と単身世帯の増加で孤独死が毎年増えているが、何人なのか実はきちんと集計されていない。 政府が今年初の実態調査を実施する予定だが、地域ごとに基準や呼び名が異なり、難航が予想される。

 

国会立法調査処の「超高齢社会に備えた孤独死対応現況と課題」報告書によると、韓国はまだ孤独死、無縁故死と関連してまともな統計さえ用意されていない状態だ。

12の地方自治体は無縁故資料を代わりに提出した。 ソウルと釜山、済州は相続放棄ではなく、孤独死集計資料を出し、光州・全北・慶北・慶南は資料がなく提出しなかった。

孤独死予防のためには今後急増する1人超高齢老人世帯に対する政策設計が核心だが、政策基盤になる基礎的資料がないわけだ。

これまで地域別で独自に自主的な集計方式を使ってきたが、遺体引受人がいない「無縁故」と混用されたり集計自体がないなどまちまちだという。

 

保健福祉部が5月、全国17市·道別孤独死者の現況をまとめたうち、孤独死推定死亡者は2019年659人→2020年845人→2021年953人に増加した。

また、統計で混同されやすい無縁故死亡者は、2012年1,025人から昨年3,488人と集計された。この10年間でなんと3倍以上急増しているのだ。無縁の死亡者10人のうち7人程度は、縁故者が遺体の引き取りを拒否したり放棄したケースだ。

 

持ち家に住み、近所付き合いもあった西大門区のおばあさんは、死ぬまでに病院通いが長かったり高価な医薬品が必要だったため、医療機関が請求する自己負担額は3000万ウォンを越えます。部屋はゴミで埋まったゴミ屋敷でした、古くなった建物の修繕や清掃費用は5000万ウォンを下りません。

遺族探しにようやく名乗り出た50代の娘さんは、これら支払いがすぐにも必要なことを知り、さらに遺骨の引き取りも公営葬儀にお金が掛かることを聞くと躊躇なく相続放棄を選びました。持ち家は競売に掛けられます

 

無縁故者は、縁故がなかったり、縁故者が分からなかったり、縁故者が遺体の引き取りをあきらめた死亡者を指します。公営葬儀条例がない自治体では、ほとんど葬儀の手続きもなしにすぐ火葬されます。

相続放棄して葬儀を自治体にやらせて、香典だけ欲しい韓国人はすごく多い

 

縁故者の方々が遺体委任書を作成することになる大きな理由は経済的な困難です。 葬儀が財産の有無によって誰かはでき、誰かはできないということです。

最近10年間に無縁の死亡者が急増したのは1997年の通貨危機の影響で当時、失業に続き家庭解体を体験した世代がそろそろ数十年後に亡くなり、今ごろになって無縁故死亡者数集計に手を挙げたという分析です。

こうなると、コロナ危機の影響も数十年後に出てくるしかありません。経済的困難に人間関係断絶まで加わり孤独死の可能性が高まっているためです。

コロナ危機から抜け出す時点なのに経済危機というまた別の暗雲を迎えることもあるという展望が出てきて社会的対策準備はより一層切実に見えます。

 

찾는 이 없는 파주 '무연고 추모의 집' 가보니…] 봉안당인지, 창고인지… 3천311명 유골 죽어서도 고독

▲無縁故者の名前やプロフィール、遺骨や遺品は保管場所で10年保管されるが、その後は自治体ごとに焼却されたり散骨されたりする、現在も高麗葬文化は続いている。

 

一般的に一人で死を迎えたが、遺体を引き取る家族がいれば「孤独死者」、遺体引き取り者がいないか、家族が拒否すれば「無縁故者」に分類する。

しかし、韓国ではこのような単純分類では孤独死の事例を見逃しがちだ。 孤立した死亡で家族が遺体引受を拒否した場合、孤独死者と無縁故者の両方に該当することもありうるが、「無縁故者」だけに分類されているためだ。

報告書は「このような問題解決のためには保健福祉部と自治体だけでなく統計庁、警察庁、国立科学捜査研究所国民健康保険公団、社会保障情報院など多様な関係機関間の情報協力とガバナンス構築が行われなければならない」と明らかにした。

 

政府は昨年設けられた孤独死予防法に基づき、下半期中に初の孤独死実態調査を実施する予定だ。 まだ孤独死の集計基準は発表されていないが、別途の基準を設けて使うものと見られる。

保健福祉部は「これまで自治体で集計してきたこととは別に、警察庁の変死者データなどを収集して全国的統計を出す計画」とし、「今回の調査結果が出れば無縁故統計を代わりに使うことはないだろう」と伝えた。                    

(ソウル/みそっち)

 


 

実の親子でも相続にお金の掛かると言われればもう相続しないというドライな(干からびた)感情が服を着て出歩いているようなものなんですね。

 

 

韓国のお墓のハナシ

韓国のお墓っていうのは長い間ずっと、山に行って埋めてくる式の、土葬+このお山全部が墓域。って方式でした。いわゆる年に一度草刈りに行くこんもりとしたふくらみですね。やがて1980年代になると、焼いた順に骨壺に入れて分譲墓地に石碑付きという墓地分譲ブームが起こりました。しかし、まだ火葬が普及していなかったところでは相変わらず土葬が続いていたのです。そして、どこにでも埋めてイイという土葬の禁止によって火葬が普及し、いわゆる骨壺とロッカー式の納骨堂スタイルが一般的になりました。(そのころ、分譲墓地式の墓地分譲は土地有効利用のため禁止されました)

 

関連過去カキコ:無縁故遺骨が集められて5万と放置

 

つまりおじいちゃん世代の骨なんて、どこにあるのか分からないから供養しないというのが韓国では一般的なのです。(掘り返して焼いて納骨堂っていうのも少しある) 

 


イメージ 6

 
 

さて、韓国のお墓にはもうひとつのスタイルがあります。ソウル顕忠院のような国立墓地です。ここでは墓石付きのお墓な上に公園みたいに国が管理してくれる(草刈りが無い)っていうので韓国人の最もあこがれる墓場スタイルだと言われています。

なにしろ憧れているので、「軍でいじめ自殺した息子を名誉の戦死にしろ」というママの訴えは数知れません。

 

関連過去カキコ:ニホンとは異なる韓国人の考える墓の概念

 

このほかにだって「反政府デモで焼身自殺したから国立墓地に入れてくれ」「労働組合で戦って死んだのだから国立墓地に入れてくれ」「修学旅行の船が転覆して死んだのだが」「薬物被害で死んだから・・・・」なんてことで、焼かずに冷凍保存している親だっているのです。 すごいね

 

関連カキコ:放水銃で死んだ活動家、烈士墓地にいくことに

 

 

焼くときは解凍するんだよね やだやだ