minaQのつぶやき 네토미나

慰安婦像の首が落ちる日を待っていてくださいな

セヲル号沈没流言ついに逮捕者出る

 
 
 
米国潜水艦との衝突?...デマ·政治扇動を利かせる
 
 
イメージ 1[今日のミーナ]「潜水艦との衝突?事故当時、軍事作戦と漁船の航行を禁止したという話と、CNNがまず潜水艦衝突話したつもり潜水艦の全員救助がセヲル号全員救助誤報されたという話と、前後があふれ(も)正しい」。 
 
9日現在、Twitterで漂流文である。韓米連合訓練時に海上射撃訓練があって、その中で、米国の潜水艦とセヲル号と衝突して沈没したという主張だ。去る7日に'45道路沈没したセヲル号の横の四角い物体は、潜水艦とまったく同じだね?」という文もツイッター上に広がった。しかし、この記事はすべて虚偽だ。セヲル号沈没した珍島海域で先月15日、射撃訓練があったが、事故当日の16日にはなかった。事故海域は潜水艦が活動いう水深が浅いところである。 このような虚偽の事実がどのようにインターネット上に堂々と出るのは何故だろうか。
 
警察庁サイバーテロ対応センターは、文の最初の流布者を見つけた。犯人は、保険代理店のシンさん(50)だった。シン氏は先月19日、職場でポータルサイトダウム·アゴラに接続した。
 
彼は午前8時16分ごろ、「韓·米海軍合同軍事訓練中」という題名の文を載せた。セヲル号韓米連合海上射撃訓練のために航路を変えて事故に遭ったという内容だった。文には、同月15〜16日の年セヲル号が沈没した珍島近隣海域の航行警報ダッシュボード写真と射撃訓練区域が表示されていた。"西海岸で起動中の米国原子力潜水艦」と説明と共に潜水艦の写真も付け加えた。シンさんは警察の調査で「セヲル号の航路変更が韓米訓練のためという疑いを持った中衝動的に書き込みをした」とし「過去にも常習的に虚偽の事実をインターネットに掲載した」と述べた。
 
 
シンさんが衝動的にあげた文の波及力はすごかった。アゴラでのみ再生1万回を記録した。先月27日、自分の記事を削除しましたが、その文は、ツイッターなどのSNSに乗って何万人もの人々に拡散した。珍島体育館とバンモク港にあった行方不明者の家族の間でもこのニュースが広がった。いくつかの家族は、「セヲル号は訓練していた米軍の潜水艦とぶつかって沈んだ。当時、鉄のぶつかる音が聞こえたが、間違いないのか」と政府関係者に抗議した。 セヲル号の事故と関連し、デマと「暴言」が、オンライン上で飛び交っている。
 
一部の勢力は、これを政治的主張を拡散させるツールとして悪用している。全教組は先月29日、セヲル号犠牲学生の4.19革命と6.10民主抗争の出発点となったキム·ジュヨル·パク·ジョンチョル烈士に比喩して「学生の死は、朴槿恵政府の無能による他殺」という内容の追悼動画をホームページに載せた。
9日には「10日に予定され安山市民社会団体のセヲル号追悼キャンドル集会に参加してほしい」は、督励文もお知らせに載せた。セヲル号の犠牲者と年間の交通事故死亡者数を比較したギムシゴンKBS報道局長の暴言論争が起きる遺族は行動に出て辞任をもたらした。しかし、安山のキャンドル集会に参加しないことだった。 ジョンミホン(56·女)前ア ​​ナウンサーは4日、ツイッターに「セヲル号の追悼集会に参加した青少年が一堂6万ウォンに動員され、ここに「背後」があるだろう」との趣旨の文を載せたが削除した。
グォンウンフイセヌリ党議員は先月20日フェイスブックに「密陽送電塔に反対するデモに参加した女性が、行方不明者の家族のふりをする」という文と動画を上げた。しかし、映像の中の女性は、実際の行方不明者の家族だった。
グォン議員は名誉毀損の疑いで警察の調査を受けている。 
警察に摘発されたセヲル号関連デマと放言は226件にのぼる。警察は先月17日から今月6日までの歳月号の惨事と関連した不正なコメントとデマを流布した疑いで39人を検挙(2人拘束)した。警察関係者は「ほとんどの犯行動機は「好奇心·いたずら」「注目されたくて」だった」と話した。 
このような状況は、政府が自ら招いた面が少なくない。事故の初期海洋警察と安全政権は、構造の状況を正確に知らせなかった。去る7日までに、搭乗者·救助者数だけでも6回も翻意した。全北大のソル·ドンフン(社会学)教授は「情報への欲求は大きいが、政府への信頼がないから、この隙間をデマが入り込んだ」とし「国民の関心が大きい大惨事であるほど、進行中の構造の状況を最大限に開示する必要がデマ拡散を防ぐことができる」と指摘した。
 
(翻訳:みそっち)
 


 
 
 
イメージ 2
 
Gmailでアドレスをつくるとあっちの記事にカキコできるよ。