minaQのつぶやき 네토미나

つぶやき鬼奴 イイネ‼

あきれる公演会場の崩落、義人報道

 
 
 
2014/10/18 中央日報
あきれる公演会場の崩落惨事=韓国
 
 
イメージ 1[うっかりミーナ]旅客船セウォル号沈没事故から6カ月、またあきれるような惨事が発生した。昨日午後、板橋(パンギョ)テクノバレー野外公演会場で、換気口の鉄製のふたが崩落し、少なくとも観覧客14人以上が15メートル下の地下に落ちて死亡した。病院に運ばれた11人の重傷者のうち一部は生命が危険な状態という。当時、現場では約1000人の人々が人気ガールズグループ4minuteなどの公演を楽しんでいた。多くの人々が見ているところで惨事が発生し、悲しみはさらに深まった。
 公演会場での事故は20年前から頻発してきた。1996年には大邱(テグ)のMBC(文化放送)公開放送でよい席を取ろうと人々が殺到し、前の方の観覧客1人が死亡したた。2005年には慶尚北道尚州のMBC歌謡コンサートで前列の観覧客が将棋倒しとなり、11人が死亡、110人が負傷した。
 (中略)
  今回の惨事にも韓国社会の粗雑な部分がそのまま表れた。先進国の場合、担当者が舞台セットを設置する際に安全を点検するが、韓国の公演・スポーツ界は資金不足と劣悪な事情のため管理が徹底されていないことが多い。主催側もより多くの観覧客誘致ばかり考え、先進国のように行事場所のあちこちをあらかじめ点検して事前に危険を防ごうという姿勢が足りない。
  セウォル号の惨事以降、「安全な国」の確約はまた空念仏となった。大勢の人々が集まるところには常に大型惨事の危険が隠れている。いつも後手を踏むが、施設周辺に危険要因がないか常に徹底的に確かめる必要がある。また、こうした後進国型の悲劇を防ぐには、設計段階から安全を十分に考慮するのは言うまでもない。そして我々が安全不感症から惨事を自ら招いていないか冷静に確認してみる必要がある。
 
 
イメージ 10
 
▲たわんでいる様子に補助線を引いてみたらこんなに
 
 
 
   
救助隊来るまで一人で収拾…阿鼻叫喚の中40代義人

換気口に20m墜落したが、負傷者の上に落ち、九死に一生
'呻吟'の中の犠牲者の救助…"ずさんな安全管理事故"怒り
 
 
イメージ 4[話題のミーナ]17日、ガールズグループ公演観覧客が墜落して27人の死傷者を出した京畿道城南の板橋テクノバレーの野外広場周辺ビルの地下駐車場換気口、鉄製のカバーの崩壊事故でもけがをした体を率いて救助に乗り出した義人があった。
 
 
イメージ 6
 
インテリア業をするカンチャンギュン(47)氏はテクノバレー周辺の工事現場訪問を終えて同僚1人とともに簡単に食事をした後、午後5時45分に広場を訪れた。
換気口カバーがなく換気口カ施設のセメント縁に腰をかけて公演を見守ってから5分が経った時、観覧客でいっぱいだったカバーが一瞬にして崩れて墜落した。
 
瞬く間に起こったことに驚く間もなくカバーが崩れ、カン氏も20mの下に落ちた。先に墜落した観覧客たちの上に落ちたカン氏はすぐに気がついて周辺を見て回ったが、土ぼこりがいっぱい、あちこちでかなり低い音だけが聞こえた。
カン氏は、粉塵のために先が見えない状況で、漠然とうめき声が聞こえる所で手を伸ばして意識が残っている負傷者たちを倒れた観覧客たちと換気口カバーの間で引き出した。
そんなに10分あまりが過ぎたころ救助ロープが下り、まもなく救助隊が現場に到着、カン氏とともに死傷者を換気口の上へ引き揚げた。
カン氏は10分あまりがもっと経った後、救助隊支援を受けて換気口に上がっており、救急車でも負傷者が乗る後部座席ではなく、前の座席に乗り込んで午後9時が過ぎての盆唐済生(ブンダン・ジェセン)病院の救急室へ移動した。
医療陣によると、カン氏は幸いに骨折など深刻な外傷はなかったが、体の随所に打撲傷や擦過傷を負った。
同日午後11時30分に乱れた髪にぼろぼろになった黒い背広を着て鼻に血をつけた状態で退院し、連合ニュースの記者と会ったカン氏は"上に出るまで、ほこりがいっぱいで、これが見当たらず、苦痛にさいなま音だけが聞こえた"と、悽惨だった当時の状況を伝えた。
カン氏は"事故直前まで換気口の上に登らないでという放送が出たが、放送ではなく、直接統制をしなければならなかった"、"今回の事故は安全管理のずさんさが歌った典型的な人材"と憤りをぶちまけた。
彼は"一緒にいた仲間も一緒に落ちたけど連絡が取れない"、"この病院にはないことが確認され、どこにいるか見つけなければならない"と涙声で話し、重い足を運んだ。
近くのチャ病院に入院した他の負傷者の知人(33)も"人たちが換気口の上に行ったり来たりしながら上板がやや波打つことが感じたが、上板の上に登らないでという表示はなかった"と今回の事故が安全不感症から始まったことを指摘した。
同日の事故で午後10時30分までのユン某(35)氏など16人が死亡し、キム某(20・女)氏など11人が重軽傷を負ったものと把握された。
負傷者たちは盆唐済生(ブンダン・ジェセン)病院と盆唐(プンダン)チャ病院など5ヵ所に運ばれ治療を受けているが、一部は状態が深刻で、死亡者が増える可能性があるものと懸念される。
 
 
 
この記事は現在削除されています
 
 
 
 
 
やっぱりあらわれた 被害者救助のひとはニセモノ
 
そのおっさん40代、分別(物事のふんべつ、ゴミのぶんべつではない)がないのか? いつでも”まばたきするようにウソをつく”本能が丸出しっ
 
 
イメージ 2[やっぱりミーナ]17日発生した京畿城南市、板橋テクノバレー野外広場換気口崩壊事故現場で犠牲者収拾を助けたという40代の義人は分かってみると'偽者'であった。
 
イメージ 11さらにこの男性は死傷者が移送された病院に現れて事故ケガ人だと主張して治療を受けるかと思えば、対策本部関係者と取材陣を捕まえて事故を直接経験したように当時の状況を伝えたし、国内ある有力報道機関はこの嘘を濾過なしでそのまま書き取ったことが明らかになった。
 
結局該当報道機関は'偽り擬人'の話だけ信じて記事を送りだしてあわてて該当記事をおろす寸劇を演出することもした。 国民大多数が遺憾を抱いて見守る災難現場に対して事実確認さえなしで無責任な報道行為をしたという批判が出てくる。
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
 
18日、ある言論報道によればインテリア業をするカン某(47)さんはテクノバレー周辺工事現場訪問を終えて同僚1人と共に午後5時45分頃広場をうろついていた。 彼は換気口施設のセメント壁の縁に腰掛けて公演を見守って覆い(ふた)が崩れて墜落して20m下に落ちた。先に墜落した観覧客の上に落ちたカンさんは直ちに気がついてホコリがいっぱいである事故現場で救助隊が到着する前に意識が残っているケガ人を救うなど現場収拾を助けた。>>>以後到着した救助隊を助けて救命綱で死傷者を換気口の上に引き上げたし以後、自身も上がってきて救急車後席ではなく前座席に乗って盆唐(プンダン)済生病院応急室に移動した。>>>>
 
だが、消防当局と病院側に確認した結果、カンさんのこのような義に徹した行動は事実と大いに違った。 まず消防救助隊が死傷者を救助する時、救命綱は使わなかったと発表された。
現場救助活動を担当した盆唐消防署関係者は"死傷者全員は地下駐車場を通じて救助した"として"死傷者が腕と足に骨折傷をたくさんあって救命綱を利用しにくいうえに地下20m深さを引き上げるのが容易でなくて試みて、中止した"と話した。
これに続き。"骨折患者は救命綱では引き上げ難い"として"救助後、担架にのせて移送した"と付け加えた。
カンさんは事故発生3時間後である午後9時を渡して死傷者が移送された盆唐(プンダン)済生病院に姿を見せた。 そして自身が今回の事故のケガ人とし治療受けることを望んだ。
病院側は事故のケガ人というカンさんの主張に事故対策本部が発表したケガ人名簿にもないカンさんをケガ人で含んだ。
 
追って対策本部側から"カンさんは119救助隊が移送した人ではなくて本人が自ら移送されたと主張する人"という説明を伝え聞いてケガ人名簿から除外した。
しかし話もずっと変わった。 救命綱によって救助されたと話しながらもまた他の人には換気口下から増えたエレベーターに乗って上がってきたとあきれる話までしたと伝えられた。
カンさんの奇行はここで終わらなかった。 彼は病院にある取材陣に接近して事故現場を生き生きと伝えて"今回の事故は安全管理不良が呼んだ典型的な人災"という原因の分析を出すこともした。
20m高さで墜落したというカンさんは病院で磁気共鳴映像(MRI)検事まで受けたが異常所見は出てこなかった。 以後医療スタッフが検診記録に対する署名を要求するとすぐに"ケガ人だからそんなことは知っていろ"という話を残したまま、ゆうゆうと消えたと対策本部は説明した。
結局カンさんの言葉だけ聞いて彼を'義人'で美化した報道機関は"当事者が嘘をついたと発表されて全文を取り消す"という文と共にオンライン上掲載された該当記事をおろした。
 
イメージ 3この日ハプニングは去る4月、セヲル号惨事当時民間潜水婦を詐称したホンガへ(26・女)氏が某放送会社と偽りインタビューをした事例と似ている。 当時ホン氏は政府が民間潜水夫の救助活動を防いだとし事実と違った主張を咲いて虚偽事実流布疑惑で拘束されて3ヶ月ぶりに保釈で解放された。
 
一方韓国記者協会はセヲル号惨事以後災難発生時正確で速かに災難情報を伝達して社会的混乱を引き起こしたり災難収拾に支障を与えないようにするために去る9月'言論団体制定災難報道準則'を作った。
災難報道準則第2章第12条によれば災難と関連してインタビューやコメントをする人物に対しては事前に信頼性と専門性を十分に検証しなければならない。
 
 
 
(翻訳:ネト ミナ)
 
 

 
 
そいうことで ぶんべつとは無縁の国のおはなしでした。
 
続きがありました
 
 
板橋テクノバレーフェスティバルの計画担当者は自殺
 
 
イメージ 7[今朝のミーナ]城南板橋テクノバレー穴墜落事故と関連し、イベントの安全対策を計画した京幾科学技術振興院の担当者が死亡したまま発見され、警察が捜査に乗り出した。
 
今朝午前7時15分頃、城南市盆唐区テクノバレーの公的支援センターの建物の横の道端で試合科学技術院のオ某(37)課長が死んでいることを警備員が発見、警察に通報した。遺書は発見されなかったが、亡くなる直前に氏はSNSに「犠牲者に申し訳ありませんし、家族に申し訳ない」という趣旨の短い文を残したことが確認された。氏は「最善を尽くして熱心に生きてきた思いもよらぬ事態が発生した。事故で亡くなった人に申し訳ない気持ちである。真正性は知っていただきたい」と書いた。続いて、家族に「申し訳ありませんが大好き」と残した。氏は科学技術園でのイベントの安全対策のための公文書を起案した人物で、この日の午前2時から京幾警察庁捜査本部で1時間20分ほど、参考人調査を受けた後、オフィスに戻っていた
 
 
なるほどね
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
ほらぁ イアンフおばあさんの国のひとだからね