minaQのつぶやき 네토미나

つぶやき鬼奴 イイネ‼

通貨スワップ中断報道でウォン急落



為替レート、韓・日の通貨スワップ交渉中止に1170ウォン台の上昇 
 



イメージ 1[マネーミーナ]韓国と日本の通貨スワップ交渉が事実上中断された。 チェスンシル国政壟断の事態で触発された国政空白のせいだ。 通貨スワップの中断で、ウォンファンダメンタルに対する警戒感が浮き彫りになり、ウォン・ドルウォン相場が一時上昇傾向に反転した。
※要約:日韓通貨スワップという保証が無くなったことの警戒感からウォン売りが進んだってこと

2日、共同通信によると、麻生太郎日本の財務長官は同日、"韓日間通貨スワップの再開交渉が停滞している"、"誰が交渉内容を決定するのか知ることができず、交渉する方法がない"と話した。
韓日政府は昨年2月、両国間通貨スワップを中断したが、今年8月韓国側の要求で通貨スワップの再開合意を成し遂げたことがある。 最近、朴大統領が、イム・ジョンリョン金融委員長を経済副首相に内定したが、野党の反発で任命が延期され、スワップを巡る議論も見送られたものと解釈される。
※要約:朴大統領が指名した韓国側代表が国会の反対で拒否されて交渉相手が不在ってこと

このような事実が広まると、ウォンは急激に弱気に転じた。 同日、ソウル外為市場でウォン・ドル相場は前日より1.6ウォン安の1166ウォンから開場したが、午前10時20分を前後へ急騰し、10時25分、前日対比上昇への転換した。 取引時間中に一時1174.1ウォンまで跳ね上がったが、1172.6ウォンで最終取引を終えた。
※要約:1ドルの買い物をするために1166⇒1172.6ウォン用意しなきゃ買えない

米ドルの調整と共に1160ウォン台まで落ちたウォン・ドルレートが1170ウォン台を回復したのは、先月28日(1170.4ウォン・終値基準)以来4取引日ぶりに初めてだ。
※要約:韓国では為替相場用語に混乱がある 1160ウォンまで回復したウォンが1170ウォンに急落したというのが正しい認識になる

ミン・ギョンウォンNH先物研究員は、"一晩中ポンドとユーロ高でドル指数その物が安を見せ、ウォン・ドル為替レートも下落出発したが、韓日通貨スワップの中止に敏感に反応して上昇へ反転した"、"張り序盤からコスピ指数が下落するなど、リスクオフ(危険回避)の様相が現れたのも1170ウォン台引き上げに影響を及ぼした"と分析した。

ただし、ソウル市場の締め切り以後、域外市場でウォン・ドルレートが反落した点を勘案すれば、通貨スワップの影響が継続されない見通しだ。 同日発表される米国の11月の雇用指標とイタリアの改憲国民投票などが為替相場に影響を及ぼす可能性が高い。
ミン研究員は"1170ウォン中盤線で輸出会社の物量がややレベルを減らした"、"午後5時を基点に域外ウォン・ドルレートが1170ウォン台に下落し、米国雇用指標に対する警戒感が過ぎたこともあった"と説明した。


(翻訳:みそっち)



韓国側から言い出した通貨スワップ再開の交渉再開でしたがそれっきりになっていたんですね。まぁこっちから言い出すのも変ですから待ってる状況ですが、麻生発言があって、これに反応したのが共同通信ってことです。それに飛びついたのが韓国の為替相場ってことでグダグダぶりが手に取るように見えてくる気がしますね。

あのほら何だっけ、軍事情報協定ね、お金では助けないけど戦場になったらどこにでも大砲を撃ち込んじゃうっていうんだけど、あっちは済んじゃったのに変な国ですね そんな韓国人の希望した通りになりそうです。 うっひっひっ



イメージ 2