minaQのつぶやき 네토미나

慰安婦像の首が落ちる日を待っていてくださいな

ニホンで手に入る韓国の情報誌


再掲載


離散家族探しのような"人探しています"の記事があふれる韓流雑誌
 
 


イメージ 2
[ソウルミーナ] 東京のいくつかの韓国食料品店の周辺には、常に各種の "情報誌"が積まれているのを見ることができる。 多くの紙面を広告に費やした情報誌の中に、まるで離散家族探しに混乱している不思議な写真まで載っていて驚愕することになる。

最初に思わず "温離散家族?"で覗いた写真につけられたその内容は決して離散家族に会いたいという切ない事情とは完全な見知らぬ人のようだった。

  
イメージ 2
 
▲顔写真入りの探し人のページ、ハングルで書かれているがこの本はニホンで手に入る韓国人向けの雑誌だ。 (意外と厚くて立派な雑誌だけどね)

他の人を介して初めて知ったその人を探すの内容となると、サラ金業者にお金を借りて行方をくらました遊興業従事者やレストランをしていた人々を見つける広告というのだ。 そして私債業者もほとんど同じ韓国人だという。

最初は見慣れたハングルが嬉しくて手に取った情報誌(同胞雑誌)の広告が紙面の半分を占めたのはともかく、なぜスナック(居酒屋)広告、スナック従業員を募集する広告がそんなに多いのか…。韓国女はいずれもスナック出身だろうと成心を持つ一部の日本人の非常識がここで起因されていないようたいほど失望を与えている。 
※韓国女性をみれば水商売か最古の商売というのは常識です

顔写真が大きく印刷されて名前や年齢、さらには韓国の家の住所まで公開をしておいたので、不法滞在の身分に借金を負って逃走している彼らの人権は徹底的に蹂躙されるのだ。 '人権の死角地帯'に置かれたものにほかならない。 


 
(翻訳:みそっち)
 
※韓国では犯罪者は保護されるべき被害者ってことになってます
 
 


っというカキコ、今日の探偵ファイル(2013.10.13)に良い記事が...↓
 
 
コリアタウンなどでよく目にする、韓国人ニューカマー向けの無料情報誌
 
 
イメージ 3
 
消息を絶つまで働いていた場所や身体的特徴などとともに
「この人は嘘つきです」「詐欺師」などと書かれている。
 
イメージ 4
    
(出て来なければ)「韓国にいる母親を告訴する」
「○○(子供)を連れてどこまで行けるかな?」
「歯には歯を、目には目を。せいぜい頑張って逃げろ」
「情報提供には50万ウォン」
 
 
 
海を渡ってもたいへんなんですね、中には 「亭主にばらす..」 とかもあるみたい、実物を見たい人は "新大久保あたりの韓国人が溜まりそうな食料品店なんかの店先にあるハングルのフリーペーパー" だそうです。
 






イメージ 1

鬼ころってイイな