minaQのつぶやき 네토미나

慰安婦像の首が落ちる日を待っていてくださいな

逃亡芸能人 入国禁止措置取り消し訴訟に勝訴



あの ”逃亡芸能人ユ・スンジュン” 17年ぶりに引っくり返った判決
査証(ビザ)発給拒否処分取り消し訴訟に韓国大法院は原告勝訴


イメージ 1
[今日のミーナ]入隊覆すに続く米国市民権取得により入国禁止措置が下され、17年以上韓国地を踏まなかった歌手ユ・スンジュン氏(米国名スティーブ・ユ‧43)の入国の道が開かれるや反発する声が高まっている。

最高裁3部(主審キム最高裁判事)は11日、ユ氏がロサンゼルス駐在韓国総領事館総領事を相手に出した査証(ビザ)発給拒否処分取り消し訴訟で、原告敗訴の判決した原審を破り、事件を原告勝訴の趣旨でソウル高裁に戻った。

裁判所は、法務部の入国禁止決定は、「処分」ではなく、対外拘束力がない「指示」に該当するとし、「入国禁止決定に従ったとして査証発給拒否処分の適法性が保障されているわけではない」と判断した。続いて「在外同胞の査証発行は行政庁裁量行為だが、LA総領事館は与えられた裁量権を全く行使せず、ひたすら13年7ヶ月前入国禁止決定があった理由だけで、査証発行拒否処分をして「裁量権不行使」に違法である」と述べた。
この韓国大法院は日韓請求権協定で解決済みの徴用工賠償問題でも過去の判例を覆す判断をして国民から支持されてきた。


国民は大法院(最高裁)判決に一斉に激しい反発。

最高裁の判決が下されたが世論は歓迎していない。 SNS空間には否定的なコメントが溢れている。
陸軍兵長に満期全域した30代の会社員ソン某氏は「法理的判断が正しければある程度理解はする。しかし、まだ国民情緒に反する感じだ。入国を容認してくれなかったら良いだろう」とし「ユ・スンジュンは韓国に入ってきっと営利的な活動をするのに、これが正しいのかよく分からない」と主張した。続いて「このように(兵役義務を)抜けていく穴が続く生じれば、通常軍隊をよく行ってきた人々は、何か相対的な剥奪感がかからないかと思う」と付け加えた。
やはり陸軍兵長に満期全域のパク某さん(35)も「国民感情をあまり考えていない判決だ。 人々がたくさん怒っている。裁判所がなぜそのように判断したのかは分からないが、詳細に説明しなければ怒って沈まないだろう。行政手続き上の問題であれば、再手続き踏むだろう」と激昂した心を示した。
※韓国の兵役は兵長で満期除隊する、たまに二等兵上等兵で除隊するのもいるがこれは兵役中の犯罪などで進級が停止されたり降格した場合となる。
代替兵役の社会服務要員だったシンちゃんの最終階級は二等兵である。


海兵隊戦友会関係者も「(ユ・スンジュンが)入国してはならない。 大韓民国国民であれば兵役義務を果たさなければならないが、自分だけはすっぽり抜けていった。今でも兵役義務を一般の人たちよりも2倍にするのが良くないかと思う」と声を高めた。

兵役義務を終えた人だけが否定的ではない。20代の女性Aさんは、「外国市民権があれば選択して軍隊に行くことができますので、重罪ではなく、一生入国を禁止することは科する気がする。しかし、入国申請をすぐに受け入れてくれるのは反対」とし「ユ・スンジュンは明らかに兵役義務のために逃げた人である。なぜ入国するように道を開いてくれるか分からない。30年の間に入国を禁止するなど、期間を定めておいて入国を防いでほしい」と述べた。しかし、今回の最高裁の決定に否定的な意見だけではない。陸軍兵長満期全域た30代のキム某氏は「芸能界だけでなく、様々な分野にわたって兵役不正が多い。しかし、ユ・スンジュンだけが有名人だったので、17年間入国禁止が出された。それはあまりにも多くだったようだ」


(ソウル/みそっち)



これわね、ちょっと問題ですよ。判決が裏返ったのですから、これまでの賠償請求が出てくれば国は賠償に応じなければなりません。

兵役が嫌でアメリカに逃げて、しばらく入国しないでいたら、その期間の損失利益を国が補償する画期的なことになりそうです。 すごいね




過去カキコ

アメリカ国籍、38歳になったから韓国籍に戻るニダ

苦節10年以上、兵役が嫌でアメリカに逃げたけど (元歌手らしい)
そろそろ国籍回復はどうでしょうか、もう時効でイイでしょ


イメージ 1[今日のミーナ]出入国管理事務所がュ・スンジュン(米国名スティーブ・ユ)の入国禁止の解除と韓国国籍回復について明らかにした。

イメージ 4出入国管理事務所側は、日刊スポーツに、"入国禁止令は、入国禁止を要請した機関長の解除要請がある場合、法務部はこれを考慮して検討する"、"ユ・スンジュンさんの場合は過去の兵務庁の要請によって入国禁止が下されたので、兵務庁長が解除を要請すれば解除が可能だ"と伝えた。

ュ・スンジュンは、この2002年に仁川(インチョン)空港を通じ、国内に入国を試み、米国人の身分証とパスポートを出入国審査台に提示したが、兵務庁の要請に従って入国を拒否された。 当時、イヒョンム出入国管理事務所長は"ユ・スンジュンが在外同胞の身分を悪用して兵役を忌避したことは明らかだ。 出入国管理法11条に基づき、入国を禁止した"、"成長する青少年らに国防義務の忌避の風潮を植えつけることが可能性がある"と明らかにしている。

韓国国籍回復に対する意見はどうだろうか。 出入国管理事務所は"本人の要請があれば国籍回復を検討することができる"、"再び韓国国籍をつかむことができれば差別なく元から韓国人のように、国内で自由な滞在や活動が可能だろう"と伝えた。
法律上で韓国国籍を再取得する場合、外国国籍は必ず断念しなければならない。 また、外国人として'帰化'ではなく'韓国国籍回復'するものであるため、満37歳を超えていなかったら、兵役の義務を遂行しなければならない。 ただし1976年12月15日生まれのユ・スンジュンは現在、満38歳で兵役の義務はない
ユ・スンジュンは2002年、入国禁止の当時、"今からでも米国市民権を放棄して軍に入隊しますか?"というマスコミの質問に"父と熟考して下した決定であるだけに、そんな気がない"と話した。

一方、ユ・スンジュンは19日午後10時30分(韓国時間)、アフリカTV(http://afreeca.com/shinpro)を通じて口を開く。 ユ・スンジュン側はこれに先立って、日刊スポーツとのインタビューで"19日の放送では過ぎた歳月の間、ユ・スンジュンが経験した話と話できなかった話を解くことが計画"と伝えた。 さらに、"ュ・スンジュンは、韓国をいつも懐かしがっていて、復帰を希望しているが、すべてに先立って国民の許しがなければならないだろう"と話した。


◆ ◆ ◆


いえいえ入国禁止解除は100%ありえません

いくら懐かしがっても法律がそうなっているんだからダメ (ホントカ)


イメージ 2[午後のミーナ]兵務庁が13年前兵役逃れ疑惑で入国禁止処分を受けたュ・スンジュン(米国名スティブユ)の国籍回復と入国禁止解除問題について"全く可能性のない話"だとし、強硬な立場を再確認した。

イメージ 5兵務庁キムヨンドゥ副報道官は19日、スターニュースに"入国禁止を解除する可能性は0.0001%もない"、"一部で、なぜしきりに今回の事件について歪曲されて解釈して、国民を混乱させるか分からない"と明らかにした。

先立ち、あるメディアは、同日午前、出入国管理事務所側の言葉を引用して"入国禁止令は、入国禁止を要請した機関長の解除要請がある場合、法務部はこれを考慮して検討する"、"ユ・スンジュンさんの場合は過去の兵務庁の要請によって入国禁止が下されたので、兵務庁長が解除を要請すれば解除が可能だ"と報道した。

これに対してキム副報道官は"法務部に確認した結果、明白な誤報だ。 通常の場合を聞いて答えたが、ユ・スンジュンとして紐付けされて出たと言っていた。 困惑していた。 重大な事案であることから、法務部で関連して直接説明をすることだ。 ユ・スンジュンさんの入国禁止の解除と国籍回復は不可能だという兵務庁の立場は変わりがない"と伝えた。
キム副報道官はさらに、"今回の事案は、法律的に突き詰めるべきであり、感情的に解決する部分ではない"、"兵役を忌避する目的で外国国籍を取得した者は国籍法上国籍を回復することができないと法に明示されている。 全く議論する価値もないし、計画もない"と付け加えた。

1997年韓国でデビューしたユ・スンジュンは'はさみ''ナナナ'などで、当代トップ歌手として君臨した。 当時、彼は"必ず入隊し、大韓民国の男性に義務を尽くしたい"は立場を何度も明らかにしたが、2002年に入隊を3ヵ月後に控えて婚約者のオ某さんの米国の永住権取得のために米国に向かって市民権を取得し、非難を受けた。
以降、出入国管理法11条(大韓民国の利益や公共の安全を害する行動をする恐れがあると認めるに値する相当な事由がある人に対して、入国禁止措置を下すことができる)に基づき、入国禁止措置が下され、13年が過ぎた今まで、大韓民国に出入りできない状態だ。 また、国籍法第9条によると、兵役忌避を目的に大韓民国国籍を喪失した人は国籍回復をできないようになっている。
ユ・スンジュンさんの韓国入国は兵役忌避者という理由で、反対世論が依然として多い中、入国を阻止するのは不当だという意見もかなりあり、論争が予想される。
一方、ユ・スンジュンは19日、インターネット、香港の現地中継を通じて13年ぶりに兵役忌避疑惑関連の心境を明らかにする予定だ。


(翻訳:みそっち)