minaQのつぶやき 네토미나

慰安婦像の首が落ちる日を待っていてくださいな

アシアナ航空の生き残りと悪あがき

 

アシアナ航空、HDCに契約金支払いで訴訟提起

金が無いアシアナ航空、契約解除にも2177億ウォン規模の契約金は寄越せ
買収契約の解除はアシアナ錦湖が決定したこと 韓国では金を出したら負け

 

イメージ 2

[マネーミーナ]10日、航空業界によると、アシアナ航空は今月5日、HDC現代産業開発(HDC·現産)を相手取って、HDC現代産業がエスクロー口座(escrow account)に売買契約金の名目で入金した2177億ウォンを引き出せるようにしてほしい、という内容の訴訟を起こした。

 

質権(担保)設定で縛られている契約金だが、自分たちが自由に使えるよう質権を解約してほしいということだ。買収合併(M&A)が霧散してから2ヵ月ぶりのことだ。


エスクロー口座は、取引の過程で片方の一方的な決定によって、お金を引き出せないように銀行など第3者が管理する口座だ。 売買相手の許諾があってこそお金を引き出すことができる構造だ。

 

HDC現代産は昨年、アシアナ航空を2兆5000億ウォンで買収するとして、錦湖産業とアシアナ航空に契約金として買収代金の10%に当たる2500億ウォンをエスクロー口座に振り込んだ。

これまで錦湖産業が保有していた株式(旧株)3229億ウォンに対する契約金323億ウォンと、アシアナ航空が有償増資を通じて確保した新株2兆1772億ウォンに対する契約金2177億ウォンで構成されている。 契約金は錦湖産業とアシアナ航空がそれぞれ持っていくことになっていた。

 

しかし、コロナ19事態で航空業界が不振に陥り、HDC現産はアシアナ航空の会計上の不健全さを問題視し、再調査を要求した。 一方、錦湖産業と債権団はこれを「時間稼ぎ」と判断、再調査を拒否した。 結局、去る9月11日にアシアナ・錦湖側はHDC現産に契約解除を通知した。 こうして契約は事実上破棄されたため、契約金はそのままエスクロー口座に残された。

 

契約解除の通知と同時に、錦湖産業とアシアナ航空の現経営陣側は、エスクロー口座の契約金2500億ウォンを引き出せるように同意してほしいとHDC現代に要請した。2兆5000億ウォンで買収するとして、契約金として入金された買収代金の10%に当たる2500億ウォンだ。

買収が成立しなくても契約金は寄越せという主張だった、しかも買収契約の解除はアシアナ錦湖が決定したことである。これにHDC現代は2ヵ月以上も同意をしていない。

 

結局、アシアナ航空がまず先に自身の分け前である2177億ウォンの訴訟を起こした。 残りの323億ウォンに対しては、錦湖産業が持つ質権の解約訴訟を検討している模様だ。 特にアシアナ航空はHDCの現産による買収の失敗による損害賠償請求も別途提起した。 HDC現産関係者は「まだ訴訟に関する伝達内容はない」と述べた。

 

一方、HDC現代産業は最近、大株主の錦湖産業に錦湖リゾートなどアシアナ航空従属会社を自分たちの同意なしに売却してはならないという内容の公文書を送ったという。 これを巡り、今後、契約金返還請求訴訟で優位を占めるための布石ではないかという見方が出ている。

 

(翻訳:みそっち)
 

 

手付金を保全するために第3者に預けてあるんですが、とにかくアシアナ側はもうお金がありません。業績の見込みも立たないので、手付金を寄越せということなんですが、契約解除を言い出したのもアシアナ側なんですよ。そして事実上の持ち株会社だった錦湖産業もタネを明かすと持ち分は323億ウォンしかなかったんですね。

 

アシアナ航空とは言っても操縦かんを握ったり客室係のひとは単なる従業員であって、アシアナ航空の意思決定とは関係ありません。実際には債権団が身請け先を探している状況なのです。ほら、飛行機の人は仕事がないから操縦免許更新飛行程度しかできていないじゃないですか。そして融資を受けているのは現経営陣ですが、これがまたもう期限付きで来年早々には退陣が決定しているのです。だから今すぐお金が欲しい。そして債権団にももうお金が無いのです。「あの契約だったら2兆5000億ウォン貰えれば経営権を譲る。でも今は2500億ウォンでいいから現金が欲しい」ということなのです。

 

債権団は昨年アシアナ航空が発行した永久債5千億ウォンを買収し、限度ローン8000億ウォン、スタンバイLC(保証信用状)3千億ウォンを提供し、すべて1兆6000億ウォンを支援した。新コロ事態以降はこれに今年1兆7000億ウォンを追加で支援している。

 

というわけでもう3兆を超えるお金が追加ですよ。これがもちろん持ち金であるはずがなくて利息をつけて返済するお金であることは言うまでもありません。

ですからコロナで買い渋る現代産業が出した契約金を寄越せということなのです。

2兆5000億ウォンだったアシアナ買収価格は、債権団である産業銀行と輸出入銀行など国策銀行から昨年と今年アシアナ航空に3兆3000億ウォンを超える有利子負債が追加融資されているというのが現在の状況です。  ※もう現代産業じゃ手に負えないでしょ

 

契約金だけ保証機関に預けさせておいて、裏からはどんどん融資しちゃうから買う方だって二の足を踏んじゃうんですね。

 

あのほら、基幹産業安定基金っていうのがあるじゃないですか。9月に借りちゃったから従業員を減らせないんですよ。そいう約束ですからね。だから再建計画なんてまだ決定されていないんですよ。 でも、もうそこから借りることは無さそうですよ。 ハイ