minaQのつぶやき 네토미나

慰安婦像の首が落ちる日を待っていてくださいな

韓国型重イオン加速器 完成は3度目の延長

 

韓国型重イオン加速器の構築時点はいつになるか不透明

高エネルギー加速装置はまだ設置すら始まっていない(韓国名:ラオン)
完成は3度目の延長が決まり、今年に予定されていた構築の完了時期が再び見送り

 


韓国型重イオン加速器構築事業の核心施設である「高エネルギー加速装置」の開発がいつ可能になるかさえ分からないという専門家の診断が出た。※いつ開発が可能に?

 

檀君以来、最大の基礎科学プロジェクト」と呼ばれる同事業を担当している事業団が、事実上、事業管理に失敗したも同然だという批判が殺到した。

 

ポステックのチョ・ムヒョン名誉教授は2日、韓国研究財団主催の討論会「重イオン加速器構築事業推進方向」で、「重イオン加速器高エネルギー加速装置(SCL2)の構築から性能を確認するところまで到達するためには、いつごろ可能なのか、現在のところ予測が難しい」と診断した。

 

基礎科学研究院の韓国型重イオン加速器
大田新洞地区95万2千㎡ の敷地に13万㎡規模で構築される予定で、「オンライン同位体分離装置(ISOL)」と「飛行破砕法(IF)」を同時に使用する世界唯一の加速器で、基礎研究だけでなく医療、原子力、新素材などの産業分野全般に活用することができます。
ISOL方式は分厚いターゲットに陽子ビームを加速して同意元素を探し出すもので、IF方式は薄いターゲットに重い重イオン(ウランなど)ビームを加速・衝突させて希少同位元素を生成するものです。従って、韓国型重イオン加速器であるRAONは、陽子からウランまで様々な重イオンの加速・衝突を通して物質の構造を変化させ希少同位元素を生成することができ、これを先端基礎科学研究に活用する研究施設です。

 

 

チョ教授は昨年7月から6ヵ月間、基礎科学研究院(IBS)の重イオン加速器事業団の加速器構築事業点検団で総括委員長を務め、装置構築の進行状況を点検してきた。 韓国型重イオン加速器は、陽子からウランまで多様な重イオン(heavyion)を加速し、希少同位元素を生成する施設だ。※チョ教授は計画の進み具合を監視するひと

核物理·物性科学·医·生命など基礎科学分野において多様に活用できるものと期待されてきた。

李明博(イ・ミョンバク)政府が2011年、科学ベルト拠点地区を、大田(テジョン)の新洞・屯谷地区に指定して、1兆5000億ウォン規模の予算を投入して新洞地区内の13万平方メートル規模で建設を推進してきた。※イ・ミョンバクは計画に予算を付けた人

当初、17年の完成を目標にしていたが、2度も計画が変更されたのに続き、3度目の延長が決まり、今年に予定されていた構築の完了時期が再び見送られた。

低エネルギー加速装置(SCL3)の場合、先月にもビーム実験を遂行し、高エネルギー加速装置は今年末まで試運転を通じてビームの引き出しを達成する予定だった。 しかし、点検の結果、高エネルギー加速装置はまだ設置すら始まっていないことが分かった。

28GHz級超伝導ECRイオン源装置の場合、最大磁場が3.0テスラ、ビーム引き出し最大電流量が68μA水準にとどまり、当初目標だった磁場(3.5T)とビーム強さ(400μA)に大きく及ばないことが確認された。

低エネルギー加速装置でさえ、製造供給量、性能試験などのリスクが残っており、今年9月までに完了する計画を履行できるかどうか不透明な状況だ。 超伝導ECRイオン源装置もやはりアップグレードや再製作が必要で、今後3年以上かかるものと予想される。

 

f:id:ninoQ:20191208122649g:plain

 

 

昨年末にはイタリア核物理国立研究所、ニホン高エネルギー加速研究所(KEK)、米国エフリブ(FRIB)などで構成された海外諮問団点検でも、韓国型高エネルギー加速装置について「先行研究開発(R&D)から十分に遂行した後、装置開発を推進するのが望ましい」という諮問結果が出た。※もっと基礎研究からやれよってこと

 

事業団の紹介
重イオン加速器建設構築事業団は、国際科学ビジネスベルト(ISBB)の一つの中核となる重イオン加速器基盤の巨大基礎科学研究施設「ラオン(RAON, Rareisotope Accelerator complex for ON-line experiments)」の装置構築·施設建設を担当しています。

ラオン重イオン加速器は、水素イオン(陽子)はもちろん、それより重い重イオンを超伝導加速器で加速させ、途方もない速度で標的物質に衝突させ、いまだに発見されていない新しいアイソトープを作り出し、その物質に名前をつけるための施設です。 現在まで科学界で解明された同位元素は約3千個ですが、今後、新しく発見されると推定される未発見同位元素の数は約7千個に達するという点から、希少同位元素科学の無限の可能性をうかがわせる。 ラオンが稼動すれば、元素の起源探求、新しい希少同位元素の発見とその構造研究、材料および医学·生命科学分野の応用研究など、様々な分野で今までできなかった新しい研究の機会が開かれるでしょう。

 

 

チョ・ムヒョン教授は「高エネルギー加速装置性能確保、製作·設置日程など事業期間予測の不確実性があまりにも大きく、特段の対策が必要だ」と述べた。

同日の討論会では、IBS重イオン加速器事業団が事実上、事業管理に失敗したという専門家らの叱咤が相次いだ。 事業団は事業期間を2025年までにさらに4年延長し、予算も1444億ウォンを追加投入することを要請した。 問題は、期間を延ばし、予算をさらにかけてでも、高エネルギー加速装置の試作品や初回品の製作など、技術確保の過程で遅延が生じた場合、事業期間が再び延長される可能性があるということだ。

チェ・スク重イオン加速器事業団研究委員は「遅く行くのは大丈夫だ。 科学者なら良心をかけて、データに基づいて事実だけを話さなければならない」とし「事実を事実通りに見ていなかったのが事業管理失敗の原因」と皮肉った。※チェ教授は科学者のひと

イ前会長は「2017年当時、一部装置を建設しないことにし、事実上事業費用と期間が延びたにもかかわらず、結局こうした結果が出た」とし「10年間重イオン加速器の構築をしながら技術的な問題が絶えず指摘されてきたが、これまで何をしたのか」と指摘した。※イ前会長は計画の遅延でクビになったひと

チョ・ヨンソプ原子力研究院責任研究員は「低エネルギー加速装置開発を外部の会社に任せて進めてきたため不確実性がとても大きい状況だ」とし「高エネルギー加速装置を現時点でどのようにするのが最適なのかを考える必要がある」と強調した。

これに対しクォン・ミョンジュンイオン加速器事業団長は「専門家の指摘を重く受け止める」とし「信頼性を回復するために年内に低エネルギー加速装置の性能試験まで終えられるよう最善を尽くす」と述べた。

 

 

(ソウル/みそっち)

 

 

これはもう買ってくる式で進めた計画に、韓国人の経営するペーパーカンパニーが上手いこと言って、そこの言いわけを毎年の監査のときに言いわけしながらいつの間にか雲隠れしちゃったという香ばしいプロセスがあったのです。

 

なにしろ完成すれば世界最新の最高水準なのだそうですが、まだ低エネルギー加速装置は発注先の都合で設置されておらず、高エネルギー加速装置のほうはこれから研究開発(R&D)を推進して開発するんだそうですから、これは永遠に来ない韓国の10年の殿堂入りですね。