minaQのつぶやき 네토미나

慰安婦像の首が落ちる日を待っていてくださいな

いよいよ低信用者にイイ社会が来る

 

ムン、低信用者に高い利回りは矛盾

大統領は市場経済の論理も知らないのか、金融常識を超えた政策にびっくり
社会主義国家でもそんなことは考えもしない

 


イメージ 2[ソウルミーナ]ムン大統領は30日「これまで信用が高い人は低い利率を適用を受けて、経済的に難しく、信用が低い人が高い利率を適用を受ける構造的矛盾があった」とし、これに対する改善を要求した。

イム·セウン大統領府副報道官は書面ブリーフィングを通じ、ムン大統領がこの日午前、青瓦台で開かれた閣議で法定最高利率を年24%から20%に引き下げる「利子制限法」と「貸金業法」施行令改正についてこのように述べたと伝えた。

ムン大統領は「信用の低い人たちが不法私金融に追い出されないようにもっと公平性のある金融構造に改善されるよう努力してほしい」と要請した。 青瓦台はこれに対し書面ブリーフィングを通じて「今後庶民の高金利債務負担が緩和し不法私金融が根絶される根本的な対策が追加で補完される」と明らかにした。

金融では、信用度や融資利息率が反比例するのが一般的だ。 リスクが大きいほど貸し出し利率が高く、安全で信用度が高いほど貸し出し利率は低くなる。 これに反しがたいこうした原則を「構造的矛盾」と規定した政府が信用度の低い者を不法私金融から救済するためにどのような実効性ある対策を出すのか注目される。

文大統領はこの日の閣議で冒頭発言し、法定最高金利引き下げについて「国政課題に選定した国民との約束を守ることができ、非常にうれしく思う」とし「何より208万人にのぼる高金利債務者の利子負担が大きく軽減された。 特に高金利短期融資、生計型小額融資などを利用する庶民に直接的に役立つ」と述べた。


大統領の「低信用者の高利回りは矛盾」発言、大統領府は「誤解」と釈明

市場経済も分からないのか」非難殺到
副報道官「圧縮して起こったこと」

大統領府は31日、議論になった文在寅(ムン・ジェイン)大統領の'金利発言'について"大統領の言葉を間違って伝えしたこと"と釈明した。

 

大統領府のイム·セウン副報道官は前日に開催された閣議の結果を説明し、ムン大統領が「信用力が高い人には低い利率を適用され、経済的に困難な人には高い利率を適用されるのは構造的矛盾」と述べた、と伝えた。 ムン大統領が「信用の低い人たちが不法私金融などに追い出されないようにもっと公平性のある金融構造に改善されるよう努力してほしい」と要請したと述べた。ムン大統領の発言が伝えられると、インターネットでは「大統領は市場経済の論理も知らないのか」「社会主義国家にするという認識に驚かされる」と述べた。 などの批判が殺到した。 問題が起きると、イム副報道官は31日、自身のフェイスブックに「大統領の趣旨は正常に作動する信用とリスク間の相関関係に対する金融構造が矛盾したということではなく、経済脆弱者の厳しい現実が矛盾するため、遺憾を最小限に抑えようということだった」と大統領の発言を訂正した。 イム副報道官は「説明なしに(大統領の)言葉を圧縮した」とし「誤解」と述べた。 大統領府の関係者は、「大統領の発言が誤って報じられたことは、後になって分かった」と語った。 しかし、大統領府が大統領の発言が盛り込まれた参謀のブリーフィング資料を検証もなしに公開したのに続き、公式資料でもない副報道官の個人フェイスブックを通じて釈明したのは不適切だという指摘が出ている。

 

(翻訳/みそっち)
 
 
 
といったことがあって、青瓦台「発言が炎上しています」、ムン「そーなの?」と言った感じですね。 くふふ
 
 
イメージ 7